TOP

スポンサーKataribe

ヘッドホンの色、イヤーパッドの素材、それに合うファッション。

ヘッドホンを購入する際に注意したいことは音質以外には色や素材です。

まず色ですが黒が無難です。帽子に黒い色が多いように、日本人の髪の毛は黒色ですから馴染みやすいです。今はヘッドホンを使用している人自体が少ないので、ヘッドホンを使っているだけで目立ちます。その上、色が派手になってしまうと二重になってしまいます。黒が基調となっているヘッドホンが無難です。

次に素材ですが、イヤーパッドに関してはしっかりと材質を抑えておく必要があります。スポンジやビニールだと素材が弱くて剥がれやすいです。基本的には皮のものが良いでしょう。皮は値段の高さに比例して耐久性が良くなっていきます。かと言って高級なものには手が出ないという方は、イヤーパッドの交換が可能なヘッドホンを購入すると良いです。SONYやaudio-technicaのものであると、ものにもよりますが1000円前後でイヤーパッドを買うことができます。購入する際にはイヤーパッドが交換可能かどうかを調べておくと良いです。

ヘッドホンを購入したところで終わりではありません。ヘッドホンに合ったファッションというものがあります。特に考えすぎることはありません。自分の好きなミュージックシーンに合わせれば良いだけのことです。

例えばヒップホップやレゲエなどを聴く人は、ダボっとしたストリート系のファッションをすればヘッドホンも似合います。メタルやハードコアなどの激しいジャンルを聴く人は、夏場は自分の好きなバンドTシャツ、冬場はバンドパーカーを着ると良いです。ヘッドホンのファッション性がより引き出されます。そしてクラシックやジャズを聴く方は上はシャツ、下はスラックスなど、フォーマルな格好をすればヘッドホンとの良い意味でのギャップが生じ、パっと見ただけで綺麗な音楽を音質に拘って聴いている人に見えます。

このように色、素材、そしてそれに合うファッションを追求することで、より楽しいミュージックライフを送ることができます。

.

最終更新日:2014-11-28 19:12

コメント (0)